白内障には目薬が効くのかというと、必ずしも効くとは言えません。 白内障の目薬には、いろんな種類があります。 また、効くかどうかは、人にもよるので、一概に効くとは言えないのです。 しかし、画期的な効果がある目薬があります。 それが、クララスティルという白内障の目薬です。 このクララスティルは、2010年にアメリカで特許が承認された目薬で、歴史はまだ浅いですが、世界中で使われています。 そもそも、なぜ白内障になるのかというと、活性酸素により、目が老化するからなんです。 簡単にいうと、老化が原因で白内障になってしまうわけです。 目は老化と共に、カルノシンという成分が減少していきます。 そのカルノシンを補えば、白内障は防げるという考えから、人工的に作られたカルノシンが配合された目薬が作られました。 それが、クララスティルです。 白内障は、目薬では改善できないと言われてきました。 しかし、クララスティルは、白内障の原因を改善することができるのです。 白内障で目薬を使用している方は、ぜひ一度クララスティルを試してみてください。